ダンナに命令されて不倫している人妻との出会い

ダンナに命令されて出会い系をやっているという人妻とエッチしてきましたよ。
まさかそんなことがあるのかと思いましたが、出会い系をやっている割には受け身のエッチだったから、もしかしたら本当に命令されているのかもしれないですね。
自分から嫁を寝取らせるダンナってどんな奴なんだろうと興味はありますが、関わらない方がいいでしょうね。
私はノーマルですから。

出会い系でやり取りしたときには、彼女はダンナに命令されたなんて一言も言ってませんでしたから、普通に不倫しているのだとばかり思ってましたよ。
メールでは49歳と聞いていましたが、実際に会ってみるとそんな印象はありませんでしたね。
考えようによっては熟女感が薄かったとわけで、ある意味残念だったかもしれませんね。

彼女と目があった瞬間から緊張していたのが伝わってきました。
私自身も、出会い系で不倫を繰り返していますが、初対面の女性と会うときには緊張しますから、彼女もそうなんだろうと思いましたね。
ということで、普段なら緊張をほぐす時間を作るのだが、彼女はすぐにでもホテルに行きたがりました。
時間がない女性もいますから、そういうことなのだとその時は思いました。
ダンナにバレないように早く帰りたい女性は多いですからね。
待ち合わせたのが夜でしたし、ダンナより早く家に帰っていたかったのかなと思いました。

積極的にホテルに男を連れてきた割には、受け身で消極的な態度でした。
たいていの場合、そういう人妻は積極的にエッチを楽しみますからね。
彼女は基本伏し目がちでたまに私の目をのぞき込むような感じでした。
キスして服を脱がすと、かなりセクシーな黒い下着を履いていました。
なんだ、ちゃんと気合が入っているじゃないかと安心しました。

下着も脱がすと、恥じらいながら体を腕で隠そうとしました。
熟女だけど初々しさを感じましたね。
そんなことをしてくれると、いけないことをしているという感覚を味わえますね。
彼女がかわいいから、ノーマルなエッチをすることにしました。
あまり激しいエッチをして嫌われたくはありませんからね。
足を少し広げてみると、かなり体が柔らかいようでしたから、両手で彼女の足を拡げながら挿入しましたね。
彼女の年齢が年齢でしたし、生でしましたよ。
しかし、フィニッシュはお外に出しました。

エッチが終わって荒い息を整えていますと、実はダンナに命令されて、という話を彼女から聞かされました。
そして、家に帰ってからダンナにどんなプレイをされたかを報告するんだということでした。
かなり倒錯した趣味だと思いましたが、正直、そういうことなら先に言っておいてほしかったと思いましたね。

どんな事情があるにせよ、もう一度会ってエッチしたいんですが、他の男との出会いに忙しいのか、なかなか彼女に会えないんですよね。
彼女と会うには、ダンナのほうを満足させないといけなかったみたいですね。
もっと変態なプレイをしておけばよかったと思います。
中出ししていれば喜んだかもしれませんね。

コメント