顔も体もいやらしい人妻との出会いはよかった

わたしはいやらしい顔をした人妻に出会いました。
あんな顔をしていたら街を歩くだけで男からの注目がすごいだろうなと思いますね。
彼女もそこは心得たもので、ある年齢を超えたあたりから視線が集まるのを当然だと認識するようになって気にならなくなったというんですよ。
大人の余裕ですね。
わたしなんか女性からはゴミを見るような眼でしか見られないから、異性のスケベ心にさらされるというのがどんな気分なのか想像もつきませんよ。

・エッチしたいとアピールしているところを発見

わたしにとって人妻との出会いを求める生活も当たり前の日常になってきたころ、「エッチできる人いますか?」というド直球のアピールをしている女性を発見しました。
いつでもどこでもエッチができるわたしは、すぐにその女性に連絡しましたよ。
しかも彼女はわたしの家からそんなに遠くに住んでいなかったから、すぐにでもエッチしたい彼女にとってはプラス評価につながったみたいでした。
ほかにもいた競争相手に勝ち抜いて最初の連絡から1週間もかからず会えることになれたんですね。

・顔も体もいやらしい女性

「おまたせ!」と待ち合わせていた場所に遅れてやってきた人妻は、すらっとした体つきの女性でした。
体つきは痩せているのに、胸だけは大きくて、彼女が小走りしていたらたゆんたゆんに揺れていましたよ。
いやらしい顔をしている上に、体もいやらしいんです。
しかも、そんな彼女のほうが「エッチしたい」と言っているんですよ。
女性の評判には自信のないわたしだけど、わたしを見た彼女は眉一つ動かさなかったんですね。
本当に誰でもいいみたいだったんですよ。
出会い系に、神は存在した。

・大きなおっぱいに頭が真っ白

彼女はホテルに入るなり、「今日は暑いね~」と上着を脱ぎました。
わたしが「そうですね」と返事をしたときには、彼女は上着どころかシャツまで脱いでいたんですよ。
脱いだシャツを畳んでいた彼女はブラをしていたんですけど、前かがみになるだけでおっぱいがこぼれそうでした。
おっぱいをガン見していたら顔を上げた彼女と目が合ってしまいました。
ガン見に気づいた彼女に「あ、こらっ」という顔をされると、もう我慢できなくて彼女に抱き着いてベッドに押し倒しました。
すぐに下も脱がせて、ブラだけの格好にしました。
大きめのブラを外すと、ブラから解放されたおっぱいが溶け出して左右に大きく広がりました。
溶けたおっぱいを掴んで乳首に吸い付くと「あっ、あっ」と声を出しました。
乳首は敏感でしたよ。

コメント

  1. より:

    50代の人妻とセックスしたい