お料理教室に行くみたいなノリで不倫する人妻と出会いました

ぼくが出会ったばかりの人妻とデートをしたら、彼女は当日、レースのカーテンみたいなスカートを履いてきていました。
最近、透けたレースのスカートの下に透けないスカートを重ね履きしている人を見かけるようになったと思いませんか。
彼女がそんな恰好をしていたんですよ。
これがアダビデだったりグラビアだったりすると、レースのスカートの下は直でパンツを履いているか、何も吐いていないかだろうなと日ごろから想像していたんですね。
現実はそんなわけにもいきませんが、スカートめくりが二回できると考えると、お得感が出てきた、かも?

・軽いノリで不倫している人妻

人妻と出会ったといっても、彼女は「ちょっとお料理教室に行ってくる」的なノリでぼくとのやり取りをしていました。
すっごく彼女は軽かったですね。
その軽さは、本当にぼくは不倫をしようとしているのか、と悩んでしまうほどでしたよ。
ま、変に重い事情が垣間見えるような雰囲気の人妻が来られても持て余しちゃうから、それでよかったのかもしれないです。
そんなところで悩んじゃうぼくは、まだまだ不倫の初心者なんでしょうね。

・素敵だなぁと思っている間にラブホテル行き決定

デートの日、彼女のレースのスカートがまず目を引いたけど、長くてつやつやしていた髪も彼女にはよく似あっていて魅力的だったんですよ。
じろじろと見ているぼくとは違って、彼女のほうは一瞬でぼくの値踏みをすませて「はいオッケー」というノリで、「行きましょうか?」と発言したんですね。
最初、なんの意味か分からなかったが、ラブホテルに行こうという意味だったんです。
彼女はスーパーで今夜のおかずを選ぶような自然な感じで部屋をパパっと選んで、部屋に向かいました。
すっかり不倫セックスが生活の一部になっているんでしょう。
ぼくはそんな彼女を尊敬しますね。

・上手な彼女にすべてを委ねると

スカートめくり二倍をもくろんでいたぼくに危険を感じたのか、彼女はさっさとシャワーを浴びてバスタオルを巻いた格好になってました。
レース生地が破れたら大変ですもんね(泣)

しかし、ささやかな抵抗としてキスしてからしゃがみこんで、バスタオルの裾の方を御開帳しましたよ。
もっさりしたところにキスしました。
キスしただけで彼女の腰が反応したんですね。
出会い系で開発されつくしているから敏感になっているようでした。

これは絶対騎乗位が上手だと思って、彼女に上にまたがってもらったんですね。
動くスピードを変化させ、方向も前後左右に自在に動いていましたよ。
ぼくは予想以上の攻撃に何度も「待って」と彼女の動きを止めないといけなかったほどなんですね。
何度も途中で逝きそうになって危なかったんですよ。